【期間工トピックス】〜2019年11月〜今のオススメ期間工はどこか!?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

こんにちは。管理人のトナカイです。

 

このブログでは期間工にまつわる情報を中心にお伝えしています。

 

このページでは、最新のトピックスと題して期間工界隈で最近どんなニュースがあったのかというのをお伝えしたいと思います。

 

1ヶ月間の当サイトからの期間工の応募状況などを見直してみて、現在どのメーカーが人気なのかを発表してみたいと思います。

 

月1回くらいの頻度でトピックスを更新してみたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

2019年11月期間工トピックス

当ブログでは、今回が初めての期間工トピックスですが、11月はなかなか良いニュースが入らない1ヶ月となりました。

 

何にでも言えることですが、良いときと悪いときがあります。
期間工業界は少し冬の時代に入った感じでしょうか。
我慢が必要な時期かもしれません。

 

それでは最初のニュースにいってみましょう。

 

[トピックス1]期間工で相次ぐ募集停止の嵐

まず、11月の話題で外せないのが期間工の募集停止です。

 

11月に入りトヨタ、マツダ、三菱、ホンダと相次いで募集を停止してきました。

 

管理人はリーマンショック時の期間工募集状況は経験していませんが、それと同じくらいの勢いと言われています。
リーマンショック級って危機的な状況ですよね。
年越し派遣村と言われていたあの時です。

 

今振り返ってみると、今年は

 

「期間工バブル」

 

と言われた1年でした。

 

各メーカーが期間工の祝い金が暴騰し、期間工ブログも多いに盛り上がりました。
どれくらい新しく出来たのでしょう。
色んな情報をブログから知ることが出来た1年でした。
その反動が一気に来ている感じだと思います。

 

まず、1番目の理由は、急に人が集まったので人員調整をしているということです。

 

あれだけ入社祝い金がもらえたら

 

「オレも(わたしも)期間工になってみようかな」

 

と思っても不思議ではありません。

 

ただ、次のニュースでもお伝えしますが、自動車メーカーの各社が業績を落としているのも大きい原因だと思います。

 

[トピックス2]自動車メーカーの不況

11月は上期(4月〜9月)の決算を発表するメーカーが多く、どのメーカーが順調かを知ることが出来ます。

 

各主要メーカー(7社)はどんな上半期の決算だったのでしょうか。
非常に気になりますね。

 

今回は、分かりやすく売上高と営業利益(もうけ)で発表したいと思います。(前年同時期比で示します)

 

トヨタ自動車
売上高 7兆6,460億円(+3.8%) 営業利益 7,419億円(+8.6%
ホンダ
売上高 3兆9,962億円(−0.7%) 営業利益 2,524億円(−15.7%
日産自動車
売上高 2兆3,724億円(−12.7%) 営業利益 16億円(−98.5%
スズキ
売上高 9,075億円(−8.1%) 営業利益 627億円(−46.2%
マツダ
売上高 8,489億円(−2.7%) 営業利益 70億円(−78.8%
スバル
売上高 8,334億円(+16%) 営業利益 922億円(+48.4%
三菱自動車
売上高 5,362億円(−4.3%) 営業利益 39億円(−86.3%

 

これを見る限りですが、「勝ち組」「負け組」が出ちゃった感じがしますね。

 

まず勝ち組の方からいくと、トヨタはコスト削減によるクルマの値段を下げることに成功したため、売上と利益を伸ばすことに成功しました。

 

また、特筆すべきなのがスバルです。

 

スバルはアメリカ向けのSUV(多目的スポーツ車)が売れに売れました。
その結果、売上と利益共に絶好調な決算となりました。

 

逆に良くない決算となってしまったのが5社ですが、特に日産自動車マツダはアメリカ市場での不振がかなり影響しています。

 

先ほどの2社はアメリカで売上を伸ばしており、アメリカで明暗を分けた感じになっています。
アメリカと中国の貿易摩擦が影響しているのは間違いありませんし、今年は為替が年始めから円高に振れており、そのあたりは各社ともに影響しています。

 

「各社が不況なのは分かった。では期間工募集への影響はどうなの?」

 

やはりこの決算状況なので期間工の募集停止に繋がっています。
先ほどの一つ目のトピックスでもお伝えしましたが、負け組に入ってしまったメーカーが軒並み募集停止しています。
一時はトヨタも募集停止しましたが、10日ほどですぐに募集再開しました。

 

業績好調なトヨタとスバルが2社ともに入社祝い金40万円に設定していますので、各メーカーの業績が期間工の募集に影響を及ぼしているのは間違いありません。

 

トヨタの詳しい待遇はこちら→【今なら入社祝い金40万円!】トヨタ自動車期間工の給料や寮など待遇まとめ

 

[トピックス3]アイシンAWとアイシン精機が経営統合

もともとアイシンAWはトヨタの子会社だったんですが、この経営統合によってトヨタから離れることになります(もちろんトヨタとの関係は今後も太いとは思いますが)

 

これによって、期間工におけるアイシンAWの待遇とかも見直しされるかもしれません。

 

アイシンAWは部品メーカーとして人気の期間工です。
入社祝い金が20万円と部品メーカーの中では高額ですし、期間工の正社員登用についても積極的な印象です。
今後トヨタの手から離れることによりそのあたりの見直しが入っちゃうかもしれません。
当ブログでも人気の期間工ですし、いずれにしても注目です。

 

アイシンAWの詳しい待遇はこちら→【正社員登用数No.1!】アイシンAW期間工の給料や寮などの待遇をまとめました

 

[トピックス4]当ブログで現役期間工向けページを開設

これまで、これから期間工を目指す方向けにオススメ期間工を紹介してきました当ブログですが、現役期間工の方向けのページを作りました。

 

《目指せ!正社員登用》
《期間工の休日》

 

これから期間工を目指す人には分かりやすく、現役期間工の人には耳寄りな情報をお届けできるようにしたいと思っています。

 

期間工の休日にリフレッシュできる記事も絶賛更新中です。

 

2019年11月 当サイトの人気期間工ランキング

期間工界隈は少し暗い話題が多いですが、期間工が無くなった訳ではありません。

 

管理人の考えでは、

 

「期間工は無くならない」

 

と思っています。
人手不足とかクルマのモデルチェンジとかEV車(電気自動車)をこれから製造するにはマンパワーが必要です。

 

期間工の力が必ず必要なので募集する数は状況に応じて増減はありますが、期間工という職業は無くなるはずがありません。

 

ここからは先月どの期間工が人気だったのかを紹介します。
当ブログで申し込みが多かったメーカーを紹介するので、参考にして下さい。

 

自動車メーカー

第1位.トヨタ自動車

トヨタ

undefined
2019年11月当ブログで1番応募頂いたのがトヨタ自動車です。
11月のトヨタ自動車はいろいろありました。
これまで祝い金が高く期間工のトップランカーだったトヨタですが、いきなり募集停止をしてきました。
しかし、募集停止の期間は10日ぐらいだったのでそこまで大きな影響は無かったようです。
期間工募集の最大手である「期間工.jp」でもトヨタの募集ページが停止されることはありませんでした。
再開後も入社祝い金は40万円ですし、先ほどもあったように業績が良いのでトヨタ期間工は今チャンスです。

 

詳しい待遇はコチラ→【今なら入社祝い金40万円!】トヨタ自動車期間工の給料や寮など待遇まとめ

 

入社祝い金
40万円

第2位.スバル

スバル

【トナカイ通信2019年12月号】〈期間工トピックス〉今のオススメ期間工はどこか!?

2位はスバルとなりました。

 

入社祝い金が40万円と期間工の中で一番多く、残業が多いので稼げます。
トヨタと並んで業績が良いので、残業も多いです。
他の期間工は定時帰りの中、仕事があるというのは幸せなことだと思いませんか。
住環境も相部屋が無いのでオススメです。

 

詳しい待遇はコチラ→【残業多めで稼げる!】スバル期間工の給料や寮などの待遇をまとめました

 

入社祝い金
40万円

第3位.マツダ

マツダ

undefined

3位はマツダとなりました。

 

当ブログでもオススメランキングの常連だったマツダですが、トピックスでも触れたように募集停止となりました。
業績が良くないので少し様子を見るための募集停止だと思いますが。
その中で3位となるのですから、マツダの人気はさすがです。
募集再開が待ち遠しいです。
募集再開したら応募が殺到するだろうなー

 

詳しい待遇はコチラ→【2019年も人気No1!】マツダ期間工の給料や寮などの待遇をまとめました

 

入社祝い金
30万円

 

部品メーカー

第1位.アイシンAW

アイシンAW

undefined
部品メーカー1位はアイシンAWです。

 

入社祝い金が部品メーカーの中では高額で、根強い人気がありますね。
しかし、アイシン精機との経営統合によって今後どうなるか分からないので、迷っている人は早めに応募してください。

 

詳しい待遇はコチラ→【正社員登用数No.1!】アイシンAW期間工の給料や寮などの待遇をまとめました

 

入社祝い金
20万円

第2位.NTN

NTN

【トナカイ通信2019年12月号】〈期間工トピックス〉今のオススメ期間工はどこか!?

世界的なベアリングメーカーであるNTN

 

入社祝い金が28万円と高額ですが、その最大の特徴は最長4年11ヶ月と長期で稼げる点です。
不況に入った今だからこそ、長く稼ぐことが出来るメーカーに人気が集中したのかもしれません。

 

詳しい待遇はコチラ→【資格取得でキャリアアップ!】NTN期間工の給料や寮などの待遇まとめ

 

入社祝い金
28万円

まとめ

2019年11月のトピックスをまとめてみました。

 

初めての試みだったのでうまく伝わったか分かりませんが、月1度くらい見直すと今の期間工業界の流れが掴めるので管理人自身も勉強になる部分が多かったです。
あまり期間工にとって良いニュースは少ない月となりましたが、現時点で言えることは応募で迷っているなら

 

「早めに行動して吉」

 

ということです。

 

面接は1度落ちても何度でも受けられますし、気にせず応募しましょう!

 

トナカイ通信最新号はこちら!→【トナカイ通信2020年1月号】〈期間工トピックス〉今のオススメ期間工はどこか!?
他のランキングページもどうぞ→期間工比較ランキング
期間工初心者の方はこちらがおすすめ!→はじめて期間工に応募する方

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加